bgimg_pk.png
検索
  • Moku Tech

ブロックチェーンファンド Draper Goren Holm: Tezosのエコシステムへの投資を決定

更新日:7月3日



Draper Goren Holm:初期ステージ・ベンチャーファンドが、Tezosで構築されるスタートアップのインキュベートを目指す。


2021年4月1日(ロサンゼルス) - ティム・ドレイパー氏、アロン・ゴーレン氏、ジョセフ・ホルム氏のパートナーシップによる、ロサンゼルスを拠点とするベンチャースタジオ兼ファンドのDraper Goren Holm(ドレイパー・ゴーレン・ホルム)は、本日、Tezosブロックチェーン上で構築されるスタートアップをインキュベートし、加速させる計画を発表しました。


Draper Goren HolmがTezosへ投資する事について。

2020年、最初のTezosステーブルコインであるUSDtezの構築を担当したチーム、Tezos Stable Technologiesへの支援から始まっており、現在はTezosベースのNFTマーケットプレイスであるKalamintへの支援も行っています。更に、パートナーのティム・ドレイパー氏は、2018年にベンチャースタジオとファンドが設立される前、2017年の資金調達から、長年にわたってTezosネットワークを支持してきました。


Draper Goren Holmの創立パートナーであるアロン・ゴーレン氏は以下のようにコメントしています。

「Draper Goren Holmは、次世代の仮想通貨可決を構築し、定義する事を、Tezosコミュニティーに期待しています。我々は、Tezosブロックチェーンの違いとその設立方法が、長期的にブロックチェーンのスケーリングを行う上で記念碑的な物であると信じています。我々は、Tezosのエコシステムへの投資を続ける事にとても興奮しています!」


Draper Goren Holm特別パートナーのティム・ドレイパー氏からのコメントです。

「Tezosは、スマート・コントラクトの代表的なプラットフォームであり、プルーフ・オフ・ステークを使用しているため、エネルギー消費量が少ないのが特徴です。我々は、Tezosブロックチェーン上のプロジェクトに資金を提供できることに興奮しており、このブロックチェーンには有望な未来があると信じています。スマート・コントラクトのベースになると信じています!」


この取り組みを進めるために、テゾス・ファンデーションは、Tezosをベースにした次世代のスタートアップに重点を置き、Draper Goren Holmの公式リミテッドパートナーとなります。この投資は、フィンテックやブロックチェーンのスタートアップに焦点を当てた、Draper Goren Holmの2,500万ドルベンチャーファンドの1ピースです。


テゾス・ファンデーション協議会の会長であるフルベルトス・ソーンハウザー氏からのコメントです。「Draper Goren Holmは、かなり前からブロックチェーン技術分野での起業を実現し、グローバル・コミュニティーを巻き込んだ大規模なプラットフォームの構築に成功しています。テゾス・ファンデーションは、Draper Goren HolmがTezosをベースとしたプロジェクトや通貨の育成に支援することを嬉しく思っております。」


Draper Goren Holmの創業パートナーであるジョセフ・ホルム氏からのコメントです。

「テゾス・ファンデーションがDraper Goren Holmファミリーに加わる事、とても嬉しく思っています。この素晴らしいエコシステムを推進する手助けをするのが非常に楽しみです。」



Draper Goren Holm(ドレイパー・ゴーレン・ホルム)について:


Draper Goren Holmはティム・ドレイパー氏、アロン・ゴーレン氏、ジョセフ・ホルム氏のパートナーシップ企業です。初期段階のブロックチェーン及びフィンテックのスタートアップの加速化とインキュベーションに焦点を当てたベンチャースタジオです。100以上の主なブロックチェーン及び仮想通貨のイベント、Security Token SummitとLA Blockchain Summitも主催しています。主な投資先企業:Tezos Stable Technologies、Totle、Ownera、Innovesta、LunarCrush、Degens、Giftz、Vertalo、Coinsquad、CasperLabs、Element Zero


詳細: https://drapergorenholm.com


Tezos(テゾス)について:


Tezosはスマート通貨であり、デジタルでつながった世界で価値を保持、交換する意味を定義しています。実績のある自己修正可能なブロックチェーンであるTezosは、現在のネットワークを混乱させることなく、明日以降のイノベーションをスムーズに採用しています。Tezosブロックチェーンのステーク・ホルダーは、プロトコル修正について投票しています。提案に対して社会的合意を得ることで、安全で有効なアップグレードシステムを構築しています。プロトコルのオンチェーン・ガバナンス・システム、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)コンセンサス・アルゴリズムや正式な検証を容易にする機能により、Tezosはスマート・コントラクトとSTOを含むデジタル取引の理想的な長期的ソリューションとなっています。


詳細:www.tezos.com